今、テキサス州ではガソリンの値段はXXXよりも安い!?

原油価格の下落が止まらない。1月7日、ニューヨーク先物市場で、米国産原油の指標であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油は時間外取引で一時、1バレル32.1ドルと2003年12月以来およそ12年ぶりの安値を記録した。(WTI原油が12年ぶり安値 時間外で一時32.1ドル)背景には、アメリカや中東などの主要産油国が減産を見送り、過酷なシェア争いを続けているのと、中国等での需要の減退があることは各種報道の通りだ。

その結果、原油から精製されるガソリンの価格も下落を続け、特に世界最大の石油化学プラント地帯を抱えるここテキサス州では、レギュラーガソリンの価格は1ガロン(約3.79リットル)=1.6ドルの驚異的なレベルまで落ちている。日本の単位に直せば、1リットル=約50円になる計算で、日本の半分以下である。(ガソリンの安さがヒューストンの生活コストにどう影響しているかは、Forbesの調査でヒューストンが全米で最も実質収入が高い都市にでも紹介した。)

我らがテキサス州ヒューストンの地元新聞であるHouston Chronicle電子版の12月23日付けの記事11 things that cost more than a gallon of gas (1ガロンのガソリンよりも高い11の物)が、ガソリンと身近な液体の1ガロン当たりの価格を比べることで、ガソリン価格がいかに安いかを表現している。今回、その記事の時点から更に進んで、原油価格が12年ぶりの安値に達したのに際し、当ブログでも改めて検証してみたい。

検証の場所に選んだのは、テキサス州サンアントニオが本社で、テキサス州全土に多数の店舗を抱えるスーパー、H-E-Bだ。IMG_1191

ここを検証の場所に選んだのは、テキサスの人々にとって最も身近なスーパーの一つであることもあるが、それ以外にこのスーパーは、同じ敷地内に自らのブランドのガソリンスタンドを運営しており、同じ企業の価格設定として、公平な比較がしやすいことがある。

まず、基準として、このH-E-Bでのレギュラーガソリンの価格は1ガロン=1.61ドルとなっている。これとH-E-Bの他の商品を比較してみよう。IMG_1190

最初に登場するのは、同じ油であるキャノーラ油。IMG_1177

96液量オンスで7.59ドルなので、1ガロン当たり5.69ドルだ。ガソリンよりも3.5倍高い。但し、これについては、地下から大規模に油を生産するよりも、植物から採取した方がコストが高そうなのは、感覚的にもしっくりくる。

次に登場するのは、テキサスの人々にとって最も身近な液体の一つ、地元テキサスのビールであるShiner Bock。IMG_1172

12液量オンス入りの瓶が6本で9.10ドルなので、1ガロン当たりに直せば、1ガロン当たり5.10ドルだ。ガソリンよりも3.2倍高い。アルコール度数の高い酒は火をつければ燃えるというが、普通にガソリンを燃やした方がよっぽど経済的というわけだ。

ガソリンよりも安い液体はないのかという不安が出てきたところで次に登場するのは、テキサスの田舎のどこにでもいる牛から採れた牛乳だ。IMG_1179

128液量オンス=1ガロン当たり、1.99ドルである。かなり近づいてきたが、ガソリンよりは1.24倍高い。自動車の様な複雑な機械を動かすガソリンが牛乳よりも安いというのは、よくよく考えてみると怖い気もする。

いよいよガソリンよりも安い液体はないとあきらめかけてきたところで、遂にガソリンよりも安い液体を発見した。IMG_1174

そう、水である。テキサス州で飲料水として人気のブランドの一つ、Ozarkaは1ガロン当たり1.29ドルで、ガソリンの80%の価格だ。それにしても、探査、掘削、生産、精製、輸送と様々な過程を経てガソリンスタンドに届けられるガソリンに比べて、地下から比較的容易にくみ上げられる水が八割の値段というのは、割りに合わない様に感じられる。

石油ガス産業は、ここヒューストンの最大の産業だ。万が一ガソリンが水よりも安くなる時が来たら、当地の石油ガス産業はいよいよ壊滅的な打撃を受けるだろう。未だ原油価格回復の兆しは見えないが、底を打つのはそう遠くない将来だということを信じて、この記事を終えたい。

 

↓アメリカ南部情報のブログランキングに参加しています。面白かったらクリックして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村

投稿者:

Alamo

著者:Alamo アメリカ南部テキサス州に4年間在住。アメリカ南部の魅力を色々な視点から紹介できればと思っています!

「今、テキサス州ではガソリンの値段はXXXよりも安い!?」への2件のフィードバック

  1. 1980年代まではアメリカでは、水よりガソリンの方が安かったんですよ。
    だから今でも本当はもっと安く良いのです。

    1. 野口義明さん、コメントありがとうございます!
      貴重なご指摘ありがとうございます。1980年代まではそんなにガソリンが安かったのですね。
      ただ、現在は石油の開発・生産コストも上がっていますので、またガソリンが水より安くなると、
      かなり石油会社の経営を圧迫しそうです…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です