テキサスの豪華すぎるガソリンスタンド Buc-ee’s(バッキーズ)

テキサス州には、テキサスに住む人々なら誰でも知っていて、ほとんどの人々が大好きなガソリンスタンドがある。Buc-ee’s(バッキーズと発音する)という名前のそのガソリンスタンドは、ガソリンスタンドと表現するには余りに豪華で、日本人がイメージするガソリンスタンドの概念を遥かに超えている。今回は、テキサスの豪華すぎるガソリンスタンド、Buc-ee’sの魅力に迫ってみよう。

テキサス州では一歩大都市を離れると、何時間も何もない荒野の一本道を走り続けるということがしばしばだ。そんな退屈なドライブにおいて、道路脇にBuc-ee’sの看板が見えてくると、例えそれがまだ何十マイル先であってもワクワクしてくる。そして、遂にBuc-ee’sに到着したことを示す、マスコットキャラクターのビーバーの看板が見えてくると、まるで自分の家に帰ってきた様な安心感に包まれるのである。IMG_1514

Buc-ee’sは、ヒューストンの東の郊外に位置する町Lake Jacksonで、1982年にオープンした。創業当初からオーナーがこだわりを持っていたのは、トイレを徹底的にキレイに保つことだった。アメリカ南部の高速道路上のガソリンスタンドでは、汚く放置されたトイレに遭遇し、ドライブの疲労感が増してしまうこともしばしばだ。しかしBuc-ee’sのトイレは、まるでホテルのトイレかの様に、常にキレイで清潔に保たれている。私はこれは非常に有効な集客戦略だと考えており、その証拠に私自身も、長距離運転中にガソリンが少なくなってきたと感じても、後数十分以内にBuc-ee’sがあるのであれば、清潔なトイレにひかれて、ついBuc-ee’sまで我慢してしまう。IMG_1515

そして、Buc-ee’sのもう一つの特徴はその巨大さだ。通常のガソリンスタンドにはせいぜい10台程度の給油機が設置されているのが普通だが、Buc-ee’sには少ないところでも80台、多いところでは120台もの給油機が並んでいる。これも、どんなに人気でも、Buc-ee’sではガソリンを入れるのに給油機の順番待ちをする必要がない、という安心感を与えてくれる。

Buc-ee’sの魅力はまだ終わらない。店内も通常のガソリンスタンドのコンビニ部分の数倍の大きさで、どこにでもあるお菓子やドリンク、日常品はもちろんのこと、独自ブランドのビーフジャーキーや、テキサスのお土産コーナーまで備えている。更に、食べ物も充実していて、店内の大きなスペースを使ってカウンターを設置し、サンドイッチやタコス、バーベキュー、コラチェなど、テキサスの人々が大好きなメニューをアツアツで提供してくれる。IMG_1516IMG_1518

ちなみに、おまけでもう一つの魅力を挙げると、Buc-ee’sのマスコットキャラクターであるビーバーについても、Tシャツや、ドリンクホルダー、ぬいぐるみや帽子など色々なグッズが販売されている。こうしたグッズは、普段の生活で身に着けていると、それだけで出会ったアメリカ人が笑顔になってくれるという優れものだ。IMG_1520

テキサス州をドライブすることがあれば、ぜひ道路脇のBuc-ee’sの看板を探し、到着するまで我慢してほしい。きっとそれだけの価値はあるはずだから。

↓アメリカ南部情報のブログランキングに参加しています。面白かったらクリックして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村

投稿者:

Alamo

著者:Alamo アメリカ南部テキサス州に4年間在住。アメリカ南部の魅力を色々な視点から紹介できればと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です