アメリカ南部の企業② アメリカン航空とユナイテッド航空

テキサス州はアメリカを代表する航空会社の本拠でもある。まず紹介したいのはテキサス州の大都市ダラスに隣接する都市、フォートワースに本拠を置くアメリカン航空だ。本社に隣接するダラス・フォートワース空港をハブ空港とし、米州各地やヨーロッパ、東アジアをつなぎ、2016年12月現在、総旅客運送数で航空会社世界一を誇る。

このアメリカン航空は長らく、二つのAAの文字に鷹のロゴと、「ポリッシュド・スキン」と呼ばれる金属のむき出しの塗装で親しまれていたが、2001年9.11アメリカ同時多発テロ事件で機体が使用されたのを機に経営が悪化し、遂には2011年に連邦倒産法第11章(通称チャプター11)を申請し、事実上破たんする。その後再建したアメリカン航空は2013年に同業のUSエアウェイズを買収する等で拡大し、ロゴや機体のデザインも変更した。

国際線で言えば、南米向け路線に強みを持ち、ハブ空港の一つであるマイアミ国際空港からは南米各地に定期便が飛んでいる。また1998年の結成以来、航空会社連合であるワンワールドの中核となっている。

株価(ティッカーコードはAAL)は2016年、6月に20ドル台まで下落したが、12月末現在では約47ドルまで回復している。配当利回りは約0.8%と米国株としては低めだ。一方でROEは2016年9月末で124%と非常に高い。

ところで、長らくアメリカの航空会社を利用されている方であれば、テキサスの航空会社としてもう一社頭に浮かぶ航空会社がないだろうか。そう、アメリカ第4の都市である我らがヒューストンに本社を有していたコンチネンタル航空だ。しかし、コンチネンタル航空は2010年にユナイテッド航空と経営統合し、統合会社の本社は旧ユナイテッド航空の本社であったシカゴとなってしまう。

但し、地球を模したコンチネンタル航空のロゴは新ユナイテッド航空のロゴとして残り、ヒューストンのジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港は、引き続き新ユナイテッド航空のハブ空港の一つとなっている。また、航空連合で言えば、アメリカン航空のワンワールドと競い合うスターアライアンスの中核となっている。

ユナイテッド航空の株価(ティッカーコードUAL)は、アメリカン航空と同じく2016年6月に30ドル台後半まで下落したが、12月末現在では過去最高の約73ドルまで上昇している。足元は無配で、2016年9月末のROEは32%となっている。

この様にテキサス州はアメリカの大手航空会社が競い合う激戦区であるが、残念ながら優れたサービスを競い合ってはおらず、日本の航空会社等と比べたサービスの悪さは似たり寄ったりである。

投稿者:

Alamo

著者:Alamo アメリカ南部テキサス州に4年間在住。アメリカ南部の魅力を色々な視点から紹介できればと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です