アメリカ南部の企業③ 実はテキサス発祥のホールフーズ・マーケット

アメリカの自然食品・オーガニック食品のスーパーマーケットとして、全米に展開するホールフーズ・マーケット(Whole Foods Market, Inc.)は日本でも有名だ。それではこのホールフーズはどこが発祥かご存じだろうか?実はこの企業、セレブが多いニューヨークでもなく、カリフォルニアでもなく、テキサス州の州都オースティン発祥なのである。そして、ホールフーズ創業にまつわるストーリーはまさにアメリカンドリームと呼ぶにふさわしいストーリーだった。

http://www.wholefoodsmarket.com/

ホールフーズ・マーケット社のウェブサイトには同社の創業ストーリーが述べられている。

1978年、大学からドロップアウトした25歳の青年、ジョン・マッキーとその彼女のレネー・ローソンは家族と友人から4万5千ドルの開業資金を借り、オースティンにSafer Wayという小さな自然食品の店を開く。食品を保管していることを理由に住んでいたアパートを追い出された若い二人は何とお店に住むことにし、皿洗い機を使ってシャワーを浴びるという貧乏暮らしだった。

そんな二人も二年後、別の自然食品の店を経営していたクレッグ・ウェラーとマーク・スカイルズという新たなパートナーを得て、1980年に最初のホールフーズ・マーケットをオースティンにオープンする。最初のホールフーズ・マーケットは店舗面積1万5百フィートと当時の健康食品の店舗としては非常に大きく、19人の従業員を抱えていた。

オープンから1年も経たない1981年のメモリアル・デイ(5月の最終月曜日の祝日)、オースティンの町を過去70年で最悪の洪水が襲い、商品の在庫が流され、機材が破損するなど、約40万ドルもの損失が生じる。しかし、常連客や近所の人々がボランティアとして店舗の修復に参加し、銀行や取引先も資金繰りに協力したことで、店舗は洪水からわずか28日後に再オープンする。

苦難の時期を乗り越えたホールフーズ・マーケットは同業の自然食品スーパーの買収を繰り返すことで、テキサス州全土、更には全米で店舗を増やし、2002年にはカナダ、2004年には英国にまで進出する。

そんなホールフーズ・マーケットだが、足元の業績は苦戦中だ。2013年9月期から2016年9月期の三期については、売上高こそ増収を続けている一方、税後利益は二期連続の減益となっている。株価についても(ティッカーコードはWFM)、2015年に約半分の30ドル台まで下落して以降、30ドル台での小幅な値動きを続けている。2016年9月期末のROEは14.5%、配当利回りは約1.8%となっている。

ホールフーズ・マーケットの苦戦の理由として、著者は競合他社の増加があると考えている。上に書いた通り、同社が1980年に最初の店舗をオープンした際には、大型店舗の自然食品のスーパーマーケットは珍しかった。しかし現代では多くの競合がいる。著者が住んでいたテキサス州ヒューストンで考えても、セントラル・マーケットという自然食品スーパーの業態を持つ、テキサス州サンアントニオ発祥のスーパー、H-E-Bや、カリフォルニア州発祥のトレーダー・ジョーズなどがある。ホールフーズはそんな多くの自然食品のスーパーの中で、高品質は評価される一方で値段の高さで知られている。

テキサス州発祥で、自然食品のスーパーマーケットとして長い歴史を誇るホールフーズ・マーケットが、新しい成長ストーリーを描けるか、今後の動向に注目したい。

投稿者:

Alamo

著者:Alamo アメリカ南部テキサス州に4年間在住。アメリカ南部の魅力を色々な視点から紹介できればと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です