テキサスへの愛に溢れた目黒のリトルテキサス

最近、東京でもテックスメックス料理を謳うレストランが増えている。しかし、そんな店は大概、テキサス流にアレンジされたメキシカン料理であるテックスメックス料理の看板を掲げていても、実際にはメキシコ料理そのものだったりする。しかし、東京の目黒の一角にあるリトルテキサスは本格的なテキサス料理が食べられる数少ないお店だ。しかも、このリトルテキサスは、テキサス料理だけでなく、オーナーのテキサスへの愛に満ちた場所である。

目黒駅西口から徒歩5分、飲み屋が軒を連ねる通りを歩いていくと、一際人目を引く看板に出会う。

テキサス州の地図、そして、テキサス州立大学(通称”UT”)のシンボルであるロングホーンを組み合わせた店名のマークの右下には、小さく”TOKYO, TX”と書かれている。地名の後に州名を表すアルファベット二文字をつなげるのはアメリカではお馴染みの表記方法で、「テキサス州の東京」という意味だ。この辺りからテキサス州への愛が感じられるが、地下一階に降りると、

今度は、テキサスのカウボーイ文化を思わせるシックな木造の入り口と、テキサス州旗に迎えられる。それでは、店内に入ってみよう。

店内でも、テキサスのバーでよくある様に、壁にテキサスにまつわるステッカーが多数貼られていて、まるでテキサスにいるかの様な気分にさせられる。

こんなテキサス愛にあふれた店を作り上げたオーナーは、テキサスのことが本当に大好きで、過去20年以上にわたって毎年複数回テキサスを訪問しているという。オーナーによると、そんなオーナーの思いが伝わって、テキサス側でも東京のリトルテキサスのことが取り上げられる様になり、東京を訪れるテキサスからの観光客がリトルテキサスを訪れ、テキサスのステッカーを持ち寄ったことで、今の様な賑やかな姿になったのだという。

リトルテキサスは料理にもこだわりがあり、ハラペーニョやサルサ、サワークリームなどテキサスでお馴染みの食材を使ったおつまみに加え、ステーキやポークリブのバーベキューなど、がっつり食べられるメインディッシュも豊富だ。アメリカでは定番の軽食であるオニオンリングもリトルテキサスの手にかかれば、こんな感じで、テキサスの地図を模したボードに乗せられて提供される。

個人的には、テキサスの家庭料理であるチキン・フライド・ステーキが食べられるのが嬉しい。通常のステーキは調理法の差こそあれ世界中どこでも食べられるが、薄くのばした牛肉に衣をつけて油で揚げ、ホワイトソースをかけたこの料理は、アメリカ南部独特の料理だ。

ただ、ドリンクについては、アメリカで人気のクアーズやミラーなどのビールが飲めるのは有難いが、テキサスで製造され、テキサスで最も人気の銘柄、シャイナ―が無いのは少し残念。

そして、リトルテキサス最大の魅力はカントリーミュージック。毎週末には、カウボーイハットとジーンズ、カウボーイブーツでばっちり着飾った日本のカウボーイ達がカントリーの名曲を聴かせてくれる。カントリーミュージックは今でもアメリカ南部では大人気で、特にロデオにはカントリーのライブは欠かせない。

看板から音楽に至るまで店全体から伝わってくるオーナーのテキサスへの愛は、何と元テキサス州知事で、現在もトランプ政権で要職を占めるリック・ペリー氏にも評価され、彼からテキサス州の名誉州民に認められたという。

単に料理がテキサス風というのとはレベルが違う、テキサスそのものの雰囲気を感じたければ、ぜひ目黒のリトルテキサスを訪問してほしい。

投稿者:

Alamo

著者:Alamo アメリカ南部テキサス州に4年間在住。アメリカ南部の魅力を色々な視点から紹介できればと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です